茶々丸日和
白い柴犬でフリースタイル(ドッグダンス)とオビを楽しんでいます

今年

とうとう今年も残すところ今日を入れて3日となった。
いろんなことがあった一年。

なんといっても知ってる人や友だちのワンコがあまりにもたくさん逝ってしまった年だった。年末にかけてその数はさらに増え、年間をとおしてフタケタである。
こんなことは私の生涯でもたぶん初めてで、これからはないことを祈りたい。

愛犬を亡くされた方々の心情をさっするともう言葉も出ない。

12月にはいってからも、昔茶々丸とイベントに参加していた人からのバーニーズの訃報のハガキをいただき、旅行も一緒にしたハスキーくんが亡くなった知らせ、そして昨日は実家のそばのいつも帰省するとき駐車場を貸して下さる方のマルチーズが旅立ったこと。

今日、ハムスターを診てくださってる獣医の先生のイングリッシュコッカの死を知らされた。

どうか皆さんにとって来年が楽しい年でありますよう祈ります。

071229.jpg





スポンサーサイト
  1. 2007/12/29(土) 14:51:34|
  2. つれづれ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クリスマス

終わったね、クリスマス。
犬にこんな格好をさせた人が日本中にあふれていたのではないだろうか。
071225-6.jpg


ケーキも久々に注文して買った。071225-2.jpg
モチロン犬は食べれない。ウチはクリスマスでもケーキ禁止なのだ。

記念撮影のあと、オーケーで解放するとうがっとケーキに突進する茶々丸。危なかった~。

その後も食べてるケーキをスキあらば奪おうとする、ダンナのを。
もらえないのがどうしてもナットクいかないらしい。

少し可愛そうかな、茶々丸にはいつもの鶏肉を少し多めにしてあげたよ。

そしてクリスマスにはもうひとつイベントがある。
近くのスーパーに大量に鶏の首の骨が出るのだ。
鶏の首の骨は犬にあげるのに一番いいごちそうなのだ。

いつもは1本だけパックに入ってるのがあるかないかなんだけど
クリスマスの日だけは毎年すごい量、今年も例にもれず。071225-3.jpg
5本パックになってるのを5パックもゲット。
一本一本ラップでつつんで冷凍にした。大漁でホクホク




  1. 2007/12/26(水) 02:08:34|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ジャパンドグフェスティバル

三連休の初日、パシフィコ横浜で行われたジャパンドッグフェスティバルに行ってきた。

パレードにも参加。
雨が心配だったけど、パラっときただけでなんとかもった。
しかし、たくさんのワンコは茶々丸にはやはり刺激が強すぎた。
尻尾が下がり、おやつも食べられない。

車道は一車線だけをパレードとして使っているので横は車がすれすれを走るし・・・。
吹奏楽がはじまったとたんオシッコをもらしてしまう。

しかし会場に入るとおちつきを少しとりもどす。
おやつも食べれるようになった、カンガルージャーキーだけは。

そろそろお昼になり人間はお腹もすいてきたのだが、これだけ人がいっぱいなのに、食事するスペースがあまりにも少なすぎる。ラッキーにも確保できた席にしがみついて、食後もだれにも譲らないわたしたち。ずっとしゃべったり交代で会場をまわったりして時間をつぶす。

ドッグショーに出ているお友達と運良く会えておしゃべりもできた。
そのあとドッグダンスを見るために災害救助犬のデモからリンクのそばにはりつき、おかげで中央の最前列で見ることが出来た。

なにせこれが今日のメイン,茶々丸もかぶりつき(笑)
071222-6.jpg
プログラムもステキです
071222-5.jpg
東さんは2頭でのルーティン
071222-2.jpg

071222-3.jpg

071222-4.jpg

出場された皆様お疲れ様でした。

いつか、いつの日かね、茶々丸とこんなふうに踊れたらと思う。


  1. 2007/12/26(水) 01:51:41|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

去年と今年

クリスマス会のダンスで何度もアテンションはずれてかなーりがっかりしていた。

しかしお友だちから「去年と今年では離れてしまうレベルがぜんぜん違うよ」と言われ、久々に去年の動画を見てみる。そして驚いた。

完全に離れた箇所は一回だったけど、動きながらまわりを気にして集中はほとんど出来ていない。なんとなくついてきてる感じ。しかし今年のを改めて見ると何度も離れてはいるけど離れてないときは私に集中して動いている。
去年は初めて人前でなんとか最後まで踊れた感動で、自分の中でどんどん美化していた部分があったようだ。

確実に一年で茶々丸は進歩している。嬉しいね。

去年の茶々丸071219-3.jpg

今年の茶々丸071219-4.jpg



  1. 2007/12/20(木) 02:01:17|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

たまには

ブログで初の公開、ウチのドジョウまんズ071218-1.jpg

もぐったりして
071218-2.jpg


  1. 2007/12/19(水) 01:14:45|
  2. どじょう
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フリースタイル練習

土曜日、お友だちとフリースタイルの練習。
前日の牧場経験がよくなかったのか、この日茶々丸は終始帰りたいモード。
ドアのほうへすぐに行こうとする。

それでも以前と違うのは、そんな状態でもまったく動かないわけではないこと。
ウォームアップや集中とる練習のときなどはそれなりにアテンションとれて動く。
いやぁ進歩だよ。ヒールワークで嬉しそうに跳ねたりするし。071215-1_20071217235524.jpg


クリスマス会で集中保てなかった曲ももう一度やってみる。
前半はなんとかアテンション保てたけど、後半はがたがた。
オスワリ、ダウンの連続のところも写真みたいにちゃんとフセをしない。071215-2.jpg

でも顔は楽しそうだからいい練習になったのかな。

  1. 2007/12/18(火) 00:00:46|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

牧場にて

栃木にまた行ってきた。
モチロン日帰りである。

お天気もいいし、それほど寒くないし、これぞまさに茶々丸日和。
この日はふたつレッスンお願いしていて
ひとつが牧場で他の犬との接し方を見るというもの。

まぁ今までのドッグランでの状況からほとんど推測できたけどね。
S先生は行く前から
「すごく広い牧場ですよ、茶々丸くんきっと大喜びね」
とか、茶々丸にも
「これから楽しいところへ行くのよ」
などと話しかけたり、きっとアタマの中では牧場を駆け回るハイジのような茶々丸をイメージしていたのではないだろうか。

もちろんそんな期待はすぐに打ち砕かれるのだった。

確かにものすごく広い。
牧場の終わりというところがどこだかわからない。
犬が来るということで、馬も牛も羊も小屋の中だった。何もいない牧場。
レストハウスの前でここでリードをはずしてとおっしゃる。
「大丈夫、どこへも行けませんから」

リードをはずす。

と、茶々丸はレストハウスのちょっと開いていたサッシのすきまから中へ!
牧場の人に謝りながらおっかけまわしてなんとかつかまえた。

リードつけて人間と犬たちとで20分くらい歩いて起伏のある牧場の中腹へ到着。
そこでまたリードはずせとおっしゃる。

またリードをはずす。

と、茶々丸はマメ粒くらいに小さく見えているレストハウスめがけて全速力で走る走る。
あっという間に茶々丸は茶色い点になってしまった。
生まれてこれほど長い距離を全速力で走ったのは初めてかもしれない。

私にしてみたら想定内のこと。
こんなところで呼び戻しなんて無理。
そしてまた、茶々丸を気にしすぎだとアドバイスされる。
でもさ、どこへ行くかわからない犬リード離して平気でいられませんよフツウ。

そしてもうひとつのレッスンはトラッキング。
ほんとうに匂いをたどって探してるのかね?半信半疑。
茶々丸の場合、空気の匂いを嗅いで探してますって言われたけど、どう見ても目で探してるように思えたけど。

帰りのSAで
071214-1.jpg
茶々丸はどこにいるかというと
ここ
071214-2.jpg




  1. 2007/12/17(月) 01:36:13|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クリスマス会 その2

ダンスはひどいものだったけど、クリスマス会は楽しいものだった。

071208-5.jpg
3チームに分かれてゲームを競った。
茶々丸はサンタさんチーム。最下位!だなんてありえないよ。

それに最近ワークショップなどの大勢人や犬が集まるところに参加していないせいか、帰りたいモード全開。でも以前みたいにさわいだりひっぱってドアに突進ということはない。
出入り口のほうをじーっと見つめてから私の顔を見る。

こらこら、犬が飼主にコマンド出してどうするんだよ!

071208-7.jpg
なんかさ、めっちゃイヤそうな茶々丸。みんなで楽しんでるクリスマス会なのに空気の読めないヤツ。







  1. 2007/12/13(木) 01:20:26|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

12/8クリスマス会 その1

いつものジムで、クリスマス会があった。
私と茶々丸でダンス披露。

去年はうまくいったし、練習ではできてるし、期待がもてるかな~と思っていた。
しかし前日のレッスンではまったくアテンションとれなくなるという驚愕の事態があり、一抹の不安。

当日は朝のうちTタッチとラップ(身体にテープを巻く)をやって少しでもいい状態になってくれればと願う。おやつも人間用のチーカマとチーズ鱈を用意、茶々丸は10年間の生涯で初めて口にするチーカマにもうウハウハ状態。

071208-1.jpg
そして当日始まる前にちょこっと動いてみたらけっこう集中してる。

071208-2.jpg
でもやっぱり途中で逃げた(涙)

071208-3.jpg
遠隔でオスワリフセもやらないでお手なんかしてるしー。

071208-4.jpg
逃げては戻り、逃げては戻りの繰り返し。

皆さんからは、「でも戻って来たじゃない。」
と慰められたけど、あとでビデオ見たらほとんどルーティンになってないヒドイものだ。

がんばって練習してきた結果がこれか・・・。
安藤美姫のキモチがわかるよ。


大勢の人の前でたった2分集中を保つ難しさ。
道のりは長いね。





  1. 2007/12/13(木) 01:04:58|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

散歩その2

犬飼いの朝は早い。
今の時期だと空が明るくなる前から散歩である。

いつもの散歩の公園もこの寒いのに犬連れが明け方からわんさか。
犬飼いの原宿ってとこかな。

でもってこの時期早朝は霜が降りている。
犬を飼ってなくて早朝散歩をしない人には見れないわけだから
とってもおトク・・・なわけないか(笑)
071207-1.jpg
肉きゅう冷たくないのかな。

落ち葉にも霜
071207-2.jpg

池の水鳥たちは人間が池のふちにたつとざぁーっと寄って来るが、何もくれないとわかると1分で去っていく。それでも一応いつオヤツタイムがはじまってもいいような位置をキープするカモメたち。
071207-3.jpg

こうして今日も犬と飼主と水鳥たちの一日が始まるのである。



  1. 2007/12/07(金) 19:07:25|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

散歩

公園もすっかり紅葉して秋色。

寒いのか最近は家を出た直後震えている茶々丸。
暑いといっては散歩をはしょりたがり、
寒いといってはまた散歩をいやがる。

早く帰りたがってる顔だなこれは。
071205-2.jpg

そして家に帰ったら毛布にくるまって動かないよー。
071205.jpg

ホラ、クリスマス会のダンスの練習しなきゃ。
071205-3.jpg

\(`0´)/キイッッ



  1. 2007/12/05(水) 23:17:38|
  2. 茶々丸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ハムスターの山茶花

ハムスターの山茶花♀1歳11ヶ月、先週からフケが急に増えてきて毛も薄くなってきた。
それに痒いのか自分のからだをやたら舐めていつもガビガビである。
ということで土曜日お医者につれていった。

先生とのつきあいももう10年になる。
鳥専門の先生だけどハムスターも診てくださり今までもたくさんお世話になってきた。
「ハムスター久しぶりだなぁ」
と先生。
最近はブームも去りハムスターを飼う人も激減しているそうだ。
ちょっと淋しい。

診断はハムスターの高齢に多い副腎皮質ホルモンの異常。
今まで男の子はこの病気によくなったが、女の子では初めてかも。
フケも病気によるものでダニは検査してもらったけど大丈夫だった。

完治は無理だけど、できるだけすこやかにすごせるようお薬を出してもらう。
抗生剤と抗真菌剤が飲み薬で、あと粉薬はヨーグルトなどにまぜて与える。
071202-1.jpg


先生のところに来るのは久しぶりなんだけど、たくさんいたロボロフスキーはみんな亡くなり、一匹だけいたゴールデンのキンクマのキンクマくん(そのまんまの名前)も亡くなったそうだ。

患者さんがとぎれていたこともあって、そんなよもやま話から最近バードウォッチングに凝ってることを話すと先生の目がキラリーンと光る。
やっぱり鳥が好きなのね。

山茶花だけど、お薬はいやがらずに飲んでくれるが、やはり調子がよくなくていらつくのだろうかやたら新聞紙を齧る。お薬がきいてくれればいいのだけど。

写真は病気になる前の山茶花
071202-3.jpg

そして今まさに山茶花の花の季節。
071202-2.jpg




  1. 2007/12/03(月) 00:23:22|
  2. ハムスター
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2Ad