茶々丸日和
白い柴犬でフリースタイル(ドッグダンス)とオビを楽しんでいます

満開

公園の桜が満開になった。
むせるようなピンク
080329-1.jpg

これは土曜日の朝の写真、朝日の中
080329-2.jpg

朝からカメラマンがたくさん来ていた。
茶々丸はたくさんの機材を持ったカメラマンたちにびびって途中から帰りたいモードになってしまう。
080329-3.jpg


今日はあいにくの天気で夕方から小雨になってしまったが、けっこう花見客が写真撮ったりしていた。
来年も茶々丸と桜の中を歩けるといいね。


スポンサーサイト
  1. 2008/03/30(日) 17:41:27|
  2. つれづれ
  3. | コメント:5

修理

もう10年以上前なんだけど、母と叔母が能登のほうへ旅行したときおみやげに輪島塗のお椀を買ってきてくれた。

「これはものすごくお高い品なのよ」と恩着せがましく母は言った。
それを恐れ多くも毎日汁物を入れて普段使いに酷使したワタシ。
手入れもちゃんとしないのでとうとうこういう状態に。080222-2.jpg

ひどいね、(犬がやったんじゃないですよ、ねんのため)これではもう使えない。
がさつな人間に輪島塗は禁物である。

なんとかせねばということで、ネットで探して輪島塗を修理塗りなおししてくれるところを見つけた。
便利になったものだ。わざわざお店に行かなくても郵送で修理してくれる。しかも自分のところで作った品でなくてもちゃんと修理してくれるのだ。

ただ時間はかかる。
約一ヶ月たって戻ってきた。080327.jpg

すばらしい!まるで新品みたい。今度は気をつけて使うよ。

その後叔母からこっそり聞かされたのは、このお椀実はそんなにお高くないということ。
きーっ、母にだまされたー。

とはいうものの天下の輪島塗である値段は聞かなかった(怖くて)が、どんなに安くてもマチガイなく諭吉先生が必要であろう。自分では絶対に買うことはない(キッパリ)

しかし天下の輪島塗もワタシに持たせたら猫に小判ですね。


  1. 2008/03/28(金) 01:20:23|
  2. つれづれ
  3. | コメント:0

サクラ咲く

朝の散歩はまだ息が白くなるし、霜らしきものも少しあったりするのだけど日中はずいぶん暖かくなってきた。春の来ない冬は無いんだよね。

これはいつも散歩する公園の桜の開花を決める標準木である。プレートにちゃんと書いてある。
080323-1.jpg

その標準木に花が咲いていた。
080323-2.jpg
ということでこの公園も開花宣言ということだろうけどまだ他の木はほとんど咲いてない。やっぱり見ごろは週末かな。
この時期お天気の日は桜を堪能するために、いつもより早く起きて散歩するんだけどまだいいか。

それより、ソメイヨシノじゃない種類ですでに満開になってる桜の下で宴会やってる人たちが!
080323-3.jpg
せっかちなところは私と同類かもしれない。


  1. 2008/03/25(火) 12:45:13|
  2. つれづれ
  3. | コメント:2

千波湖

土曜日、いいお天気である。
かねてから計画していた水戸の千波湖へのバードウォッチングの日わくわくする。
マスクに帽子という花粉防備体制でいどんだ。
なにせ近くに杉がたくさん植わっているんですよココ。

上野から特急で約1時間、水戸駅で友達と待ち合わせ。
しかしまだ冬鳥たちいるかなぁ、ユリカモメだけだったらがっかり。
などと話しながら湖に着くと!
080322-4.jpg
黒鳥である。急いでかけよって写真とりまくり。黒鳥なんていつから見てないだろう。なにやらケンカしているようだったが。
でもすぐにあわてなくてもよかったことに気づく。だって黒鳥や白鳥だらけなんだもん。

ホンモノ白鳥とウソ白鳥
080322-1.jpg

まだ若い黒鳥もいた
080322-5.jpg

黒鳥の親子
080322-6.jpg

そしてこんな小さい赤ちゃん黒鳥も発見!
080322-7.jpg

心配そうにつきそうお母さん黒鳥
080322-8.jpg

二人でよりそっている
080322-9.jpg

こちらは3羽もチビを連れたお母さん
080322-12.jpg

湖べりを興奮しながら歩いているうちにあることに気がつく。
湖べりの道路のすぐわきに巣を作って卵を温めているのだ
080322-10.jpg

黒鳥も、こんな巣がもう無数にある。もうすぐ湖べりの桜が咲いてこのあたりは人ごみできっとごったがえすのに大丈夫なんだろうか?
080322-11.jpg

心配していたユリカモメは少なかった。大半はすでに北国へと旅立って行ったようだ。
白鳥黒鳥の他の水鳥もけっこうもりだくさん、こちらはオナガ
080322-2.jpg

こちらはバンである
080322-3.jpg

梅が見ごろのため隣にある偕楽園に人が流れたせいか思ったより人も多くなくのんびり半日かけて湖を一周した。鳥を堪能した一日であった。

おまけ
080322-13.jpg
ジョウビタキである。
湖岸のベンチで梅を見ながらお茶飲んでたら梅の木にやってきた。
自然がたくさん残っているのはほんといいね。茨城県もどんどん開発が進んで雑木林がつぎつぎ伐採されているというけど、緑は残してほしいなぁと思う。

でもね、ここの水鳥たちご多聞にもれず人から食べ物もらうことに慣れてしまっていて、逃げないどころかものすごいアイコンタクトである。何かもらえると信じて疑わない顔。
こういうのはどうかなぁとも思うのである。

ちょっとだけクリッカートレーニングためしたいキモチになったりもしたけど、いややってませんよホントです。




  1. 2008/03/23(日) 18:19:45|
  2. | コメント:0

息のあう二人

この前の日曜日はGCTの模試に千葉まで行ってきた。
スゴイ人や喧騒で環境最悪だったけど、模試は建物の中だったのでなんとかできた。
でも15問中バツが5問もあったけど。

GCTの本試験は最後まで受けられないこともあるけど、模試は失敗しても最後まで受けられる。
細かい規則はあるものの、受けてみる価値はあると思う。
自分と自分の犬のレベルや変なクセを発見できるし、犬の弱い部分もわかる。
そういう意味では本試験を受けなくても模試はおすすめである。

で、「めざせGCT」仲間の柴犬のリーフちゃんと再会。

まずはお互い「お久しぶりです~」とご挨拶0803191.jpg
あれあれ?ちゃんと顔見て挨拶しないと失礼ですよ。

右むけー右
080319-2.jpg

左むけー左
080319-3.jpg


息がピッタリのふ・た・り



  1. 2008/03/19(水) 12:41:21|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:3

ソフトバンクごっこ

080315-1

080315-2.jpg

080315-3.jpg

080315-4.jpg


嵐が出てたCMってauじゃ?




  1. 2008/03/16(日) 17:52:18|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:2

悪いことはつづく

車を接触させてしまった。
なんかねーすごい運転うまいとは思わないけどフツーだと思ってた。
ダンナが以前車こすったりしたとき「へー」って少々軽蔑もしていた。

なのになのにやってしまいましたよ。

しかも相手アリ。
場所は立体駐車場、こちらは降りていくところ、相手は上ってきていた。
そして混んでた。3階から2階にかかるカーブで少しこちらの車がはみ出てしまったらしい。
当たったとは思わなかったんだよね、衝撃もなかったし。
モチロンスピードも出してなかったからだけど。

でも相手の後部座席のドアは塗装がはげている。
こっちはバンパーに少し傷が。

むこうはもう被害者意識だし
ほぼ100%こちらが悪いということになるらしい。
車はディーラーに出すと鼻息荒い。

意気消沈して保険屋さんに電話したらよくある事だから
となぐさめてくれたけど、よくないよこんなことー。

あーあ、ワタシの運転のウデも落ちたものだ。
歳かな、もう老人ステッカー貼って運転するか?
お金かかることも痛いけどそれよりも運転技術のほうがショック。

襖事件から悪いことが続く。
ええい!ここは気合だー気合で悪運をけちらすのだー。

それしかないね。

それに塞翁が馬、悪いことがこんなにあったんだから
そのぶん次どっさりイイコトお願いしますよ神様。

自分の運転のウデを棚に上げてあつかましいワタシ。



  1. 2008/03/15(土) 15:32:13|
  2. つれづれ
  3. | コメント:2

襖 おまけの話

前日の襖、いつもの襖屋さんがとりに来てくれて修理に持ってかえってくれた。

この襖屋さんのおうちにもワンコがいるそうだ。シーズー。
初めてたのんだとき、「ウチの犬はこんなことやりませんね」とあきれていた。
雷は怖がるけど、すみっこで震えているそうだ。

そしたらそしたら、今回奥さんのほうと電話で話したんだが
去年雷が鳴ったとき、襖を破こうとしたんだそうだ!

破く前に気がついてだきあげてクレートに入れたそうだが、ほんとうにビックリしたと言ってた。

これって茶々丸のがうつったとか?(笑)
感染しますよ、犬飼ってるみなさん。茶々丸と接触したらご注意。


それにしても、襖屋さん(正式には表具店というらしい)の犬が襖やぶくんじゃシャレになんない。
修理はすぐできるだろうけど。



  1. 2008/03/14(金) 13:11:03|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:2

会社から帰ったら
080312-1.jpg
こんなことに・・・。
どうしたのかあちゃん、これはひどいね
080312-2.jpg
ひどいってやったのはあんたでしょ、ハムスターやドジョウがやりますかこんなこと!
後片付けしてたら茶々丸が来たので犯人の写真を撮る。少しも悪びれてない。

今日はいいお天気で雷もなってないし、襖はまったくのノーマークだった。
まさかまた分離不安の兆候か?

しかしすぐに原因は解明した。
散歩のときにマンションの掲示板を見たら302号室改修工事3/12-となってる。
急いでマンション部屋位置図を確認すると302号室はウチの斜め下の家。どうやら工事の音にパニックになったらしい。

まぁ原因はとりあえずわかったし、茶々丸がケガしなかったんだから襖くらいいいよ、ははは(涙)
もう襖屋さんの常連となってしまったしね。

そんな飼い主のキモチも知らず自分のあけた穴を覗き込む茶々丸。あんたがあけたんでしょ。
080312-3.jpg

そういえばこれから雷の季節、襖屋さんは気の毒がって、どうせまたやるんだからそのままにしておいたらと言ってくれたけど性分でね、このままにできないのだ。

ニッポンの犬
080312-4.jpg
襖を破るとおちつく犬



  1. 2008/03/13(木) 01:54:08|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:4

ガジュマロ

今日は前々から気になっていたガジュマロの鉢植の植え替えをした。

080309-1.jpg

ハイドロカルチャーで数年前に苗を買ったときはわずか15センチくらいだったのがどんどん大きくなってしまい、一度植え替えたのだがまた根がはみ出すほどに080309-2.jpg

でもガジュマロって普通もっと幹が太くて葉が密集しているんだけどウチのは手入れもあまりしていないせいか間延びした感じ。
実は何度か危ないときもあった。でも別名「多幸の木」と呼ばれているこの木、もし万が一枯れるようなことがあれば不幸になる気がするじゃない?なので危なくなるとあわてて栄養補給したり薬かけたりと機嫌をとってなんとか危機は脱してきた。

植え替え作業をベランダでしていると公園からウグイスの声が。春だねぇ。
ガジュマロくんも植え替え終了してキモチよさそう。でもまたすぐに鉢が小さくなりそうな予感だが。080309-3.jpg



  1. 2008/03/09(日) 17:41:12|
  2. つれづれ
  3. | コメント:2

小春日和

今日はほんとうに温かい一日だった。
洗濯物は悔しいけれど花粉が終わるまでは外に干す勇気はない。しかしこのお日様を使わないのはもったいない。ということで花粉ガードを布団にたっぷりかけて干す。
よーし車洗うゾー
080308-3.jpg
ワックスまでかけたら身体もぽかぽか。

ニャンコたちも駐車場で井戸端会議
080308-7.jpg

こういう日は購買意欲がわくらしく物がよく売れるそうだ。

公園へ茶々丸といくとコサギがいた。公園の池の水を少し減らしてあるので魚をGETしやすいらしい。
足で泥の中をさぐって魚がびっくりしたところをすばやくクチバシで捕らえる。みごと魚GETしたところの写真が撮れた。
080308-5.jpg

夕方再び公園にいくとまだいたよコサギ。夕日を浴びて立つ姿はちょっと神々しい感じ080308-6.jpg
よっぽどこの場所が気にいったのか。

これは最近ネットでみつけて買った月桂樹の苗。乾燥した葉はスーパーで売ってて、スープやシチュー作るとき使っているが前から苗が欲しくて探していたのだ。普通の園芸店だとものすごくリッパな鉢植でお値段もリッパなものしか無いんだもん。080308-4.jpg
これで生の葉を料理に使える♪早く大きくなれー。


  1. 2008/03/08(土) 18:54:07|
  2. つれづれ
  3. | コメント:2

トルネードスピン

これが茶々丸のトルネードスピン。安藤美姫も真っ青?(笑)
080306.jpg



  1. 2008/03/06(木) 23:15:29|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:2

笑顔のとき

土曜日仲間とダンスの練習をやった。
なんとかグループルーティンのカタチも決まったけど、勘違いとかあって足をひっぱるのは私。
シングルもそうだけど、こちらも私のニンゲンだけの練習がかなり必要。
茶々丸まであきれて開いた口がふさがらないらしい。
080302-4.jpg

そして茶々丸はやっぱり人間チームの一員と思っているらしい。
人間だけで動くと必ず参加してくる。話を聞くのも真剣な顔。
080302-5.jpg

そして満面の笑み。今日も楽しくてよかったね。
080302-3.jpg




  1. 2008/03/02(日) 23:03:14|
  2. 茶々丸
  3. | コメント:2